院長紹介

本当に困っているお悩みや痛みを“医療”としてしっかりみていきたい 院長 池村 三行

病院勤務で多数の、そしてさまざまな骨折や外傷の臨床経験をしたことが今の施術に活かされており、病院との連携を大切にしています。
いわゆるチェーン展開をしている慰安目的(肩こり・腰痛など)の接骨院が最近は多いですが、当院は慰安目的ではなく、痛みや外傷など、本当に困っているお悩みを“医療”としてしっかりみていきたいと思っています。

当院の情報

治療の選択肢を広げ 患者さんが選びやすい状況を作るために

患者さんへ医療を提供する側としては、治療方法の選択肢をいくつか用意し、わかりやすく伝え、患者さんが選びやすい状況を作ってあげることが必要ではないかと考えます。より良い治療の選択肢を見つけるためには、医療に関する知識が必要不可欠です。だからこそ、医師との連携は必須ですし、自分自身が常に学ぶ姿勢を忘れてはいけないと考えています。

病院との医療連携が可能

Profile

水谷病院で6年間勤務後、いけむら接骨院を開業。開業後も毎週1回、水谷病院の脊椎外来に15年間勤務しました。問診から検査・手術まで一連の流れを現場で学び、医療連携の重要性を学ぶ。現在も医師と定期的に連携し学び続けています。最近は「筋肉の話」で盛り上がっています。

よもやま話

子供の頃の夢は飛行機の整備士とプロレスラー。アントニオ猪木さんの弟子になりたくて新日本プロレスの入門テストを受けて合格。しかし、「高校は卒業しろ!」と親に猛反対される。高校時代の恩師に柔道整復師の学校を勧められ進路を変更。筋肉隆々にあこがれ46歳から“フィジーク”に挑戦。100キロウォーキングなど様々な挑戦を継続中。健康的な身体づくりを支援する者として自分も楽しんでいます。

Profile

ブログ

TOP