胸郭出口症候群

  • 肩、腕、指にかけて刺すような痛みや痺れがある
  • つり革をつかまるときや、洗濯物を干すときに腕を挙げるときに肩、腕、指に痺れが出る
  • 腕、指の感覚が鈍かったり、手が握りにくい
  • なで肩でデスクワークやスマホを操作する時間が長い
  • 色々な接骨院、整体に行ったが治らない

その症状、胸郭出口症候群かもしれません|清須市いけむら接骨院

胸郭出口症候群とは

上記の症状に当てはまる方は、胸郭出口症候群の可能性が高いです。

胸郭出口症候群とは首から肩、腕、指の運動や感覚を支配している神経や血管が出ています。その神経や血管が圧迫されてしまうと痛みや痺れが出てきます。絞扼されている場所によって呼び方が変わります。

  • 前斜角筋と中斜角筋という首の筋肉の間で圧迫される斜角筋症候
  • 鎖骨と第一肋骨の間で圧迫される肋鎖症候群
  • 小胸筋と言われる胸の筋肉の筋緊張が強くなり、その下を通る神経、血管を圧迫される小胸筋症候群(過外転症候群とも呼ばれる)

これらを総称して胸郭出口症候群といいます。

鎖骨下動脈・鎖骨下静脈と言われる動脈・静脈が圧迫されると、血行が悪くなり、

動脈を圧迫されると腕白っぽくなり、静脈を圧迫されると皮膚の血色の戻りが悪く青紫色になることがあります。

症状は、電車・バスでつり革につかまったり、洗濯物を干しているときなど長時間腕を上げていると腕、指に痺れ・だるさが出たり、肩・肩甲骨周りに痛みを伴います。他には腕神経叢という肩、腕、指の動きや感覚を支配する神経の束があります。その神経が圧迫されると握力の低下・指が動かしづらくなることがあります。

胸郭出口症候群はなんで起こるの?|清須市 いけむら接骨院

胸郭出口症候群の原因

胸郭出口症候群は先天性の骨格異常で頚肋症候群という疾患が原因で起こることがあります。頚肋症候群とは胎生期に下位頚椎(首の骨)から出ている肋骨が遺残したものが神経、血管を圧迫して血流障害、神経症状が出てきます。先天性以外だと上記に書いた3つの場所で神経が絞扼され、症状が出現します。原因は、なで肩などの姿勢不良や仕事・家事で重いものを持つ機会が多いと小胸筋・斜角筋などの筋肉の緊張が強くなり、神経・血管を圧迫され、症状が出ます。日頃の身体の使い方姿勢が原因で起こっているのがほとんどです。体の使い方・姿勢などを治していかなければ根本の改善はされません。

胸郭出口症候群の施術と予防|清須市 いけむら接骨院

清須市いけむら接骨院での胸郭出口症候群に対する施術

いけむら接骨院ではまず整形外科的な診察・検査を行います。その上で適切な施術をさせていただきます。胸郭出口症候群で鑑別しなければいけない疾患は頚椎椎間板ヘルニアです。ヘルニアが疑われる場合は当院と連携している整形外科へ紹介させていただき、レントゲン・MRIで画像診断を行います。

 

 

 

 

 

 

胸郭出口症候群が疑われ、症状が強い場合どこで神経・動脈・静脈を圧迫しているか確認するため整形外科にて画像診断などで検査をします。

症状が比較的軽く、姿勢や日頃の生活動作に原因が考えられる場合当院では骨盤矯正をおすすめしています。

身体の歪み・姿勢不良・体幹(インナーマッスル)の筋力不足が原因で神経・血管にストレスがかかっている場合が多いです。骨盤矯正、筋・筋膜調整をすることにより身体のバランスを修正します。その上でインナーマッスルを強化し、正しい姿勢を保持できる身体作りをしていきます。骨盤矯正をした後にプロテクノ・エグゼという高周波の電気治療をしていただくとより早く症状の改善が望めます。

 

 

 

 

 

 

 

胸郭出口症候群の原因となる小胸筋、斜角筋の筋緊張を緩め、インナーマッスルの強化ができる治療器です。刺激感が少なく胸郭出口症候群の原因となっている筋肉に電気を浸透させ、筋緊張を取り除きます。筋肉や関節、神経に働きかけて疼痛緩和作用があり、動きにくくなった関節を緩めることにより元々の関節の動きを取り戻すことができます。

 

 

 

 

 

 

 

このような施術を行うことにより根本の改善をし、再発を予防できる身体作りをしております。

胸郭出口症候群でお悩みの方はぜひいけむら接骨院に来院、ご連絡ください。