オスグット病/シーバー病

  • ひざ下のでっぱたところを触ると激痛
  • 痛みで膝の曲げ伸ばしができない
  • ジャンプ動作をすると膝が痛い
  • 運動中、運動後かかとが痛い
  • かかとが痛くて歩けない,走れない

オスグット病って何?シーバー病って? /清須市いけむら接骨院

成長期に起こりやすい言われる疾患で最も多いのがオスグット‐シュラッター病です。お子様にスポーツを熱心やられてる方なら一度は聞いたことがある『オスグット』がそれです。10歳~14歳くらいの学生に起こることが多く、オスグットとは膝のお皿(膝蓋骨)の少し下方の盛り上がったところ(脛骨粗面)に痛みと腫れを生じます。この部分は成長期ではまだ軟骨成分が多くて弱い為、膝の曲げ伸ばしを繰り返していると、付着している筋肉(大腿四頭筋)の力で骨や軟骨の一部が剥がれます。これがオスグット病です。

また膝ではなく、踵で痛みや腫れが生じれば『シーバー』病と呼ばれ、下腿三頭筋(アキレス腱)の力でかかとの骨や軟骨がの一部が剥がれることがあります。このように成長期の起こりやすい痛みは、成長期において骨が未形成である為、運動をきっかけに負担がかかり、痛みが起こる病気です。

どちらも痛みの強い状態で無理をして運動を続けますと、疲労骨折を起こす可能性がありますので早めの来院をお勧めします。

当院での施術方法   /  清須市いけむら接骨院

超音波検査(エコー)を行い、最初に患部の状態を正確に評価致します。
物理療法:アイスパックで患部を冷やし、炎症を抑えます。
装具療法:サポーター・テーピング・包帯などで患部の動きに制限をかけて、患部にかかる負担を減らします。
運動療法:筋肉の柔軟性を向上させ、筋力を強化します。
パフォーマンスの指導:原因となっているスポーツ動作のチェック・指導

コンディショニングについて