肋間神経痛

  • 左右どちらかの肋骨に沿って痛みがある
  • 身体を捻ったり、伸ばすと肋骨に痛みが出る
  • 腹部や胸部に圧迫感・不快感がある
  • 身体の歪みが気になる
  • 咳・深呼吸をすると、痛みが出る

その症状、肋間神経痛かも|清須市 いけむら接骨院

肋間神経痛とは

肋間神経痛は、肋骨に沿って走る肋間神経が何らかの原因で損傷し、痛みが胸部、側胸部、腹部に出現する症状です。勘違いされやすいですが、肋間神経痛は症状であって疾患名ではありません。心臓・肺などの内臓の疾患との違いは痛みが出る場所や範囲がはっきりしていることです。特徴的なのは肋骨に沿っての痛みが左右どちらか一方のみ出現し、特異的な場合を除いて左右両側に起こることはありません。原因は様々で解明されていないものもありますが、明らかに原因がある場合を症候性肋間神経痛、明らかに原因がない場合を特発性肋間神経痛といいます。

肋間神経痛はなんで起こるの?|清須市 いけむら接骨院

肋間神経痛の原因

症候性肋間神経痛では、変形性脊椎症・胸椎椎間板ヘルニア・肋骨骨折が原因となる場合があります。これらが原因の場合は上半身を前後左右に動かしたり、回旋をすると痛みが強く感じることがあり、呼吸をするだけでも痛い場合があります。脊椎、肋骨に原因がない場合に起こる症候性肋間神経痛の代表的なものは帯状疱疹です。帯状疱疹は、体内の水痘・帯状疱疹ウイルスが活動を再開すると発症します。普段は身体の免疫力によって抑えられていますが、免疫力が低下すると増殖し、肋間神経に沿って発疹が出現します。神経節から皮膚へ移動して帯状にピリピリと持続的した痛みが特徴です。

これら以外にも姿勢やストレス・疲労などが肋間神経痛に関係していることがあります。姿勢不良や骨盤・背骨などの歪みが強い場合、肋間神経が骨や筋肉に挟まれて絞扼性神経障害を引き起こす事もあります。

肋間神経痛は治るの?|清須市 いけむら接骨院

肋間神経痛の治療と予防

当院ではまず超音波画像診断と整形外科的な診察・検査を行って鑑別診断をします。その上で患者様に適切な治療をさせていただきます。原因が胸椎椎間板ヘルニア・肋骨骨折などが疑われ、レントゲン・MRIでの画像診断が必要な場合、当院と連携している整形外科病院へ紹介させていただきます。

医療機関に紹介します

筋緊張が強く、姿勢不良により骨盤・背骨の歪みが痛みの原因である場合は、骨盤を正しい位置へもどし、筋・筋膜調整などの手技療法を行います。そうすることにより全身のバランスが整い、原因となっている筋肉の緊張を取り除くことができます。また当院ではプロスポーツ選手も使用しているプロテクノ・エグゼ(PROTECHNO・EXE)という電気治療機を使い、徒手療法では届かない深層の筋肉や関節、神経に働きかけて疼痛緩和をはかり、さらに機能不全を起こした筋・筋膜を緩めることにより、正しい身体の動きを取り戻すことができます。

このような治療を行うことで、より早く肋間神経痛の緩和をさせることができます。肋間神経痛でお悩みの方はぜひ当院へお越しください。